R&Dと基盤技術

多様なニーズに応える、基盤技術開発

花王グループにおけるケミカル事業の特徴は、コンシューマープロダクツとのシナジーの発揮にあります。花王グループ各社のコンシューマープロダクツに向けた原料の供給元として、磨き続けている基盤技術をベースに、ケミカル事業のグローバルな市場の顧客からのニーズに応えることで、また、新たなシーズの開発につなげています。

ケミカル事業は、明日の産業界に貢献できるよう、これからも、顧客の信頼と期待に応える、特徴ある工業用製品を開発し、提供してまいります。

乳化

二重乳化エマルションタイプのマーガリン(光学顕微鏡写真例)

油をいったん水に乳化させてO/W(Oil in Water)型のエマルションをつくり、さらにこれを油に乳化させれば、O/W/O〔(Oil in Water)in Oil〕型のエマルションができあがります。いわゆる二重乳化エマルションです。

花王はこのような技術を応用し、油脂のはたらきを生かして、生クリームに近いコクとおいしさを有するバタークリームを開発しました。

また、界面活性剤分子の会合体である液晶を応用した液晶乳化技術によっても、ケーキなどに使われる特長ある乳化油脂を開発しています。

分散

セメント粒子の分散性に及ぼす高性能AE減水剤の効果(光学顕微鏡写真例)

スラリーの中の微粒子の凝集を防ぐには、分散剤の電気的反発力のほかに、立体的反発力を利用する方法もあります。

花王は生コンクリートの分野で、非常に長い側鎖を有する特殊な化学構造の新しい高性能AE(Air Entraining)減水剤(一種の分散剤)を開発し、その立体的反発力などに起因する「大きな分散性」「安定した流動性保持力」「すぐれた早硬性」によって、コンクリートの性能を飛躍的に高めました。

洗浄

準水系フロン代替洗浄剤による実装基板の洗浄

花王は、界面科学にかかわる豊富な知見をもとに、界面活性剤の水への溶解挙動をうまく利用して、排水処理が容易な水系の高機能洗浄剤を開発しました。エレクトロニクス分野における、フロンや塩素系溶剤に代わる洗浄剤です。

帯電防止

プラスチック製品に対する帯電防止剤の効果(ダートチャンバーテスト結果例)

プラスチック製品の帯電防止では、成形加工の際に樹脂の中ヘ練りこんでおいた帯電防止剤をいかに表面へにじみださせて、その薄い被膜を形成させるかがポイントになります。

花王では、帯電防止剤と樹脂との相溶性に関する詳細な研究を通して、成形後、1時間程度で表面へにじみだして効果を発揮する、即効型の帯電防止剤を開発しています。これにより、成形から納品までのエージング時間が不要になるなど、大幅なコストダウンが可能になりました。

このほか花王は、効果の持続性にすぐれたタイプや、電子情報関連用途にも適したコーティング用帯電防止剤なども開発しています。

吸着・凝集

フローテーション型脱墨試験機を用いての脱墨シミュレーション

古紙の再利用に必要な脱墨、いわゆるインキの除去をフローテーション法によって行う場合は、古紙の中のパルプ繊維からインキをはく離させるとともに、はく離させたインキの微小な粒子を適度に凝集させ、ついで気泡に吸着させて系外に排出することが必要です。

花王では、パルプ繊維とインキ、気泡という3つの物質の静電的な相互作用を最適にコントロールすることで、インキを大幅に除去できる脱墨剤を開発し、白度の高い高品質の再生パルプを実現しました。

浸透

大豆に対する機能性カルシウム補給剤の効果(カルシウム欠乏症条件下での例)

農業分野では、昨今はより安全で、農作物の健康をより考えた“環境保全型の生産”ということが求められています。このため、花王は、成分の葉面からの浸透・体内移動、根からの吸収などのメカニズムに関する研究の成果と、界面活性剤に関するさまざまな知見をもとに、新しい各種の農作物ケア製品を開発しています。

薬効が高まって農薬の使用量を減らせる製品、葉面からカルシウムを補給して生理障害をなくし病害抵抗性も高める製品、根からの養分吸収能と光合成能を高めて生育をよくし品質や収穫量も改善する製品などがその一例です。

乳化重合

重合前のモノマーの乳化・可溶化液
(光学顕微鏡写真例)
エマルション中のポリマー粒子
(走査型電子顕微鏡写真例)

界面活性剤から成る乳化剤によって、モノマーを乳化・可溶化させた状態で重合させ、ポリマーエマルションを得る反応が乳化重合です。このときの乳化剤には、モノマーの乳化・可溶化やエマルション中でのポリマー粒子の分散・安定化など、多くの機能が要求されます。

花王では、このような基本的な機能にすぐれると同時に、しかも広範な用途に使用できるものや重合条件の幅が広がるもの、機械的・化学的安定性の良好なエマルションが得られるもの、さらには特殊な反応型のものなど、さまざまな特長ある乳化剤を開発しています。

ポリマー機能設計

高画質を実現したトナー(走査型電子顕微鏡写真例)

トナーとは、電子写真方式を用いた複写機やレーザービームプリンタに用いられる粉体インクで、主成分の熱可塑性バインダー樹脂に顔料等を分散させた粒径が約10ミクロンの機能性微粒子です。

花王では、独自の顔料ナノ分散化技術と微粒子作製技術を融合することにより、トナーの低温定着性、顔料分散性に優れたポリエステルバインダーを他社に先駆け開発。これにより、高速で高画質なフルカラー印字ができるトナーを実現しました。

香り

最新の調香システムも駆使した、調香師による香りの創作活動

花王は、最新の天然香料研究の成果を生かし、また最新の合成技術も合わせて、新しい香りをつくりだす上でキーとなるさまざまなスペシャルティ香料を開発してきました。

そして、これらの素材をもとに、日本とスペインの研究所が一体となって花王独自の調合香料を開発し、世界中にお届けしています。感性と機能をあわせもった独創的な香りを開発すること――、それが花王の信条です。

関連情報
Kao Group