『エコプロダクツ2013』に出展しました。

2014年1月10日

花王は、昨年12月12日(木)~14日(土)の3日間、東京ビックサイト(東京都江東区)で開催された『エコプロダクツ2013』に出展いたしました。

この『エコプロダクツ2013』は、日本最大級の環境展示会で、15回目をむかえた今回は「今つくる地球の未来」をテーマに、持続可能な社会へ向けて、日本を代表する750社・団体が集結しました。

花王のブースでは、花王のサステナビリティに対する考え方をご紹介するとともに、代表的なエコ製品を通して日常的に無理なく続けていただく「くらしの中で一緒にeco」や「原材料調達」の考え方、「容器包装」での工夫、産業界向けケミカル製品での「エコとテクノロジー」など、デモンストレーションも交えてご紹介しました。

花王のブース内に設けた参加型のステージでは、原材料調達に関する花王の考え方をご紹介する「花王のこだわり “eco”な原材料」、衣料用濃縮液体洗剤『ウルトラアタックNeo』の「汚れ落ちの科学教室」、つめかえ製品をご紹介する「おうちで簡単!つめかえeco教室」、エコケミカルテクノロジーの実験を行なう「水環境にやさしいセメントを作ろう~ビスコトップの秘密~」を体験していただきました。

パネルなどを使った展示コーナーでは、花王が取り組んでいる持続可能な原材料調達や節水・節電・ゴミ削減のエコ視点からの花王製品の紹介、リデュース(削減)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)といった従来の3Rに、リニューアブル(再生可能)を加えた「4R」による容器包装に関する活動をご紹介しました。産業界分野向け製品については、コピー機の消費電力を減らす「低温定着トナー」、再生可能原料をもちいた「改質ポリ乳酸樹脂」や「鋳造砂型用バインダー」などについてご紹介しました。

花王は、“よきモノづくり”を通じて、豊かな生活文化を実現するという使命を果たすために、より“環境負荷の少ない製品”を、より“環境負荷の少ない方法”でつくり、お届けする努力を続けてまいります。

実験のステージでの様子
「水環境にやさしいビスコトップ」実験のステージでの様子
産業分野向けのエコプロダクツ
ケミカル製品コーナーでは、産業分野向けのエコプロダクツを紹介




関連情報リンク

Kao Group