『エコプロダクツ2014』に出展しました。

2015年1月20日

花王は、昨年12月11日(木)~13日(土)の3日間、東京ビックサイト(東京都江東区)で開催された『エコプロダクツ2014』に出展いたしました。

この『エコプロダクツ2014』は、日本最大級の環境展示会で、16回目をむかえた今回は「見つけよう!未来を変えるエコの知恵」をテーマに、持続可能な社会へ向けて、日本を代表する700を超える出展者団体が参加しました。

花王のブースでは、花王のエコロジーに対する考え方をご紹介するとともに、代表的なエコ製品を通して、日常的に無理なく続けていただく「くらしの中でいっしょにできるeco」や、「原材料調達」の考え方、「包装容器」での工夫、産業界向け製品(ケミカル)での「エコテクノロジー」など、デモステージを交えてご紹介しました。

花王のブース内に設けた参加型のステージでは、原材料調達に関する花王の考え方をご紹介する「原材料調達のこだわり~バイオマス資源の利用~」、界面活性剤のパワーをご紹介する「新キュキュットの汚れ落ちeco教室」、つめかえ製品をご紹介する「おうちで簡単!つめかえeco教室」、エコケミカルテクノロジーの実験を行なう「環境にやさしいコンクリート工事~マイティ&ビスコトップのパワー~」を体験していただきました。

パネルを使った展示コーナーでは、花王が取り組んでいる持続可能な原材料調達やバイオマス資源の高度利用研究、すすぎ性アップにより節水を実現した「新キュキュット」の紹介、リデュース(削減)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)といった従来の3Rに、リニューアブル(再生可能)を加えた4Rによる容器包装に関する活動をご紹介しました。

産業界分野向け製品については、コピー機の消費電力を減らす「低温定着トナー」や、低燃費タイヤの性能を向上させる「天然系のゴム添加剤」などについてご紹介しました。

花王は、“よきモノづくり”を通じて、豊かな生活文化を実現するという使命を果たすために、より“環境負荷の少ない製品”を、より“環境負荷の少ない方法”でつくり、お届けする努力を続けてまいります。

多くの方にお越しいただいたケミカルコーナー
多くの方にお越しいただいたケミカルコーナー
「環境に優しいコンクリート工事~マイテイ&ビスコトップ~」実験ステージでの様子
「環境に優しいコンクリート工事~マイテイ&ビスコトップ~」実験ステージでの様子




関連情報リンク

Kao Group