2019年10月15日

『ラベルフォーラムジャパン2019』に出展しました。

 7月9日(火)、10日(水)の2日間、東京ドームシティと東京ドームホテルで開催された『ラベルフォーラムジャパン2019』に、水性インクジェット用顔料インク「ルナジェット」と参考出展としてケミカルトナー搭載のラベルプリンタ機を出展しました。本展示会は、ラベルとパッケージに関連する専門イベントで、7回目となる本年は100社が出展、22セッションの講演を行い、過去最多の5,013人が国内外より来場しました。

 今回は「ルナジェット」の特長である、水性でありながら幅広い基材に印刷可能であることの認知度向上と、ケミカルトナーによるラベル紙のみならず熱に弱いフィルム基材への印刷の市場性確認を目的に出展しました。

 また、「ルナジェット」の展開先の一つである岩崎通信機(株)と共同で印刷デモを行うことで多くの来場者に「ルナジェット」の価値をお伝えいたしました。また、ケミカルトナー搭載のラベルプリンタ機に関しても、好意的なご意見を多数いただきました。

 同時開催の講演では、「ニベアクリーム四季デザイン缶製造プロジェクト」と題して、製造協力企業の(株)フジシール、(株)マスターマインドと共にパネルディスカッションに登壇し、ニベアクリーム日本発売50周年記念缶で採用された「ルナジェット」を用いたシールの印刷や貼付に関してデジタル印刷の優位性などを披露することで、「ルナジェット」の可能性と認知度向上に一役買いました。

 花王は、今後も多様化するラベル・パッケージ市場の活性化に「ルナジェット」で、貢献してまいります。

多くの来場者でにぎわう花王のブース

「ルナジェット」を使用した印刷物と採用事例紹介

Page Top