2020年3月10日

『第34回インターネプコンジャパン』に精密洗浄剤「クリンスルーシリーズ」を出展しました。

 2020年1月15日(水)~17日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催された『第34回インターネプコンジャパン』に、花王の精密洗浄剤「クリンスルーシリーズ」を出展しました。

 今回花王は、新製品である高密度対応実装用フラックス洗浄剤「クリンスルー 618」、非アミン系ドライフイルム剥離剤「クリンスルー A-19」をはじめ、花王の洗浄技術を生かした環境にやさしく高機能な製品を展示いたしました。

 この展示会は、半導体・センサ パッケージング技術展、電子部品・材料EXPO、プリント配線板EXPOなどから構成されるエレクトロニクス分野の開発、実装においてアジア最大規模の展示会で、自動車業界における最新技術が一堂に会する「オートモーティブワールド」と同時開催であった本年は、国内外含め約7万人ものお客様がご来場され、大盛況のうちに幕を閉じました。

 また本年は、『ICパッケージ基板やプリント基板製造工程用の花王の薬剤について』と題した技術セミナーを開催し、加速するエレクトロニクス業界の技術進歩に貢献する花王の洗浄技術貢献をご紹介しました。セミナー終了後には多くのお客様がブースへお越しになり、洗浄課題に関するお問合せをいただきました。

 これからも花王は、技術変革の早いエレクトロニクス業界に対し、環境や社会に配慮したESG視点で〝よきモノづくり”を通して貢献してまいります。

多くのお客さまがお越しになりました

技術セミナー開催の様子

Page Top