2021年5月13日

化学物質に関する取り組みで日本化学工業協会「JIPS賞」を5年連続受賞

 花王は2021年3月、(一社)日本化学工業協会の「JIPS※大賞」を受賞しました。JIPS賞は、自社で製造する化学物質を、健康や環境に負荷を与えることなく安全に使用する方法を自主的に「安全性要約書」として積極的に公開した企業に与えられるものです。花王は、2020年も「安全性要約書」を最も多く公開(18件)したことから、国内企業唯一の5年連続でJIPS賞を受賞しており、そのうち最優秀の大賞は4度目となります。
* JIPS:Japan Initiative of Product Stewardship

01

02

 花王は、アスファルトの改質剤など産業用途のケミカル製品や、洗剤、入浴剤、化粧品などの家庭用製品に、さまざまな化学物質を幅広く使用しています。その企業としての社会的責任を果たすため、化学物質のリスクに関する評価、現場での管理強化の推進、公開に努めてきました。この取り組みを世界共通の目標「SAICM(化学物質管理に関する世界的な取り組み))」推進活動の成果として、関係部門が一体となって2012年から継続して行っています。
 
 今後も安全で安心できる社会の実現に貢献することをめざして、「責任ある化学物質管理」を推進してまいります。 

Page Top