鋳物砂⽤フランバインダー カオーライトナー®

フランバインダーは、機械鋳物を中⼼とした多品種少量⽣産の⼿込め造型分野で、
高いシェアを誇っています。
フラン樹脂の主原料であるフルフリルアルコールは、
トウモロコシの芯やサトウキビの搾りかすといった“⾮可⾷バイオマス原料”から作られています。この樹脂を有機スルホン酸などの硬化剤と反応させ、鋳型を硬化させます。

カオーライトナー®の特長


  • ⾼い鋳型強度が得られるため、低添加量(通常0.6~0.9%、再⽣砂)で造型でき、樹脂の粘性も低く、混練砂の流動性に優れ、砂込め作業が容易です。
  • 可使時間や抜型時間を幅広くコントロールできるため、様々な⼤きさ・形状の鋳型に適⽤することが可能です。
  • 注湯時の熱分解ガス発⽣量が少なく、ガス⽋陥の発生が抑制できます。
  • 造型時のホルムアルデヒドや、注湯時の亜硫酸ガスを低減できる等の特⻑を有する製品も取り揃えております。
  • 取り扱いや保管⽅法に関する制約の少ない、消防法⾮危険物タイプの樹脂もございます。
  • 花王は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量の削減を積極的に進めており、弊社のフラン樹脂製造に使⽤する電⼒は、再⽣可能エネルギー⽐率100%を達成しています。

kaoquaker_jp_product_kao-lightener_01

Page Top