2020年7月10日

水性インクジェット用顔料インク『ルナジェット』を、バーチャルメッセ「JIVM2020」に出展

 2020年6月1日(月)~7月31日(金)の61日間、バーチャル空間で開催される産業用インクジェットのオンライン展示会JIVM2020(Japan Inkjet Virtual Messe 2020)には、インクジェットに関わる国内外76社が参加して、各社の最新製品や技術を展示会サイトとウェビナーを駆使して紹介する場です。

 花王は、独自の「顔料ナノ分散技術」「界面制御技術」「ポリマー設計技術」「ポリマーコーティング技術」を駆使し、VOCの排出を低減した水性インクジェット用顔料インク『ルナジェット』を出展します。このインクは、フィルム印刷に必要な濡れ性・吐出安定性・乾燥性・再分散性を兼ね備えており、高品質なVOCレス印刷を実現し、印刷作業環境や自然環境の負荷低減に貢献しています。

 会期中は、軟包装印刷、ドキュメント印刷、シール・ラベル・パッケージ印刷の3分野に分け、それぞれの印刷に適した水性インクジェット用顔料インク『ルナジェット』をご紹介します。また、『ルナジェット』の基本設計思想、技術性能、展開例もご紹介しますので、是非花王のサイトへご訪問ください。

『ルナジェット』のお問い合せ
アドバンスト プリンティング ソリューション事業開発:APS_helpdesk@kao.com

関連会社

花王株式会社のインクジェット事業は、日本、シンシナティの花王コリンズ、バルセロナの花王チミグラフの3社で運営しています。

Page Top