硬化剤コントローラ

硬化剤コントローラは、砂温の変化に対し2種の硬化剤の配合⽐を変えることで希望硬化速度を一定に保つことができるシステムです。

硬化剤コントローラの特長


  • コントローラによる熟練作業の自動化、造型ラインの安定化、硬化剤使⽤量の最適化、硬化剤管理の簡便化が可能です。
  • 2種硬化剤の混合型が基本システムで、速遅硬化剤の混合⽐率を自動可変することにより、年間通して2種類の硬化剤 での自動制御が可能となります。
  • さらに極端に強さの異なる硬化剤を組み合わせることで⾮常に広いコントロール範囲を得ることができます。
  • ミキサー側の樹脂添加量の切り替えや、砂切り替えといった機能にも対応可能です。
  • フランプロセスにおいて、高砂温時の鋳型強度低下に対しては、コントローラ⽤EC硬化剤をご利⽤頂くことで、高砂温時においても高い鋳型強度が得られ、年間を通して安定した造型が可能になります。

kaoquaker_jp_business_solutions_productivity_controller_01

タイプⅢ-EX ※樹脂制御付

kaoquaker_jp_business_solutions_productivity_controller_02

タイプ7

Page Top