Global Chemicals Japan

廃PET活用高耐久アスファルト改質剤 「ニュートラック 5000」

「廃PETの有効活用」と「高耐久舗装」の両立を実現

背景・課題


社会インフラの老朽化と
土木技術者の担い手不足が深刻に

社会インフラの高齢化に伴う老朽化は深刻な問題となっており、特に道路については2033年までに約6割が築50年以上になるといわれています。
また、道路法改正等に伴う定期的な舗装点検や維持管理手法の確立が求められている一方、インフラ保全業務に携わる技術者の後継者不足が深刻化している業界の現状があります。

infrastructure_product_newtlac_01

未来を見据えた
「持続可能な社会の実現」という潮流

さらに昨今では、廃プラスチック削減による海洋資源の保全、安心・安全・強靭な社会インフラの整備といった、将来を見据えた持続可能な社会の実現の機運が一層高まっており、道路舗装においてもヒトと環境に配慮した舗装づくりが求められています。

infrastructure_product_newtlac_02

廃PETを有効活用した高耐久アスファルト改質剤「ニュートラック 5000」

花王は、廃PET(廃棄処分されるポリエチレンテレフタレート素材)を活用して、新たな高耐久改質剤「ニュートラック 5000」を開発し、ポジティブリサイクルを実現する技術を確立しました。ニュートラック 5000は従来のアスファルト舗装に添加するだけで耐久性を向上させる事に加えて、廃PETを有効活用できる花王独自のアスファルト改質剤です。

infrastructure_product_newtlac_03

infrastructure_product_newtlac_04

infrastructure_product_newtlac_05

infrastructure_product_newtlac_13

infrastructure_product_newtlac_06

SOLUTION

手軽に長寿命

通常のアスファルト舗装に約1%添加するだけで高耐久化


infrastructure_product_newtlac_07

infrastructure_product_newtlac_08

より安全に

舗装の視認性と美観の維持・向上


  • 剥離の減少
  • 舗装頻度の削減
  • 道路平滑性の維持
  • 舗装黒さ(美観)の維持
  • 白線の視認性向上による、安全な自動車運転の可能性

infrastructure_product_newtlac_09

環境への配慮

アスファルト由来の微粉の排出を低減


infrastructure_product_newtlac_10

ホイールトラッキング試験後の排水

infrastructure_product_newtlac_11

Page Top